Author Archives: sakura

ニシザワ紙文具へ行ってきました★

大きな鉛筆のオブジェがお店のトレードマークのニシザワ紙文具。

お店の主な取扱い品目は、ペン類・ノート・ファイル・子ども文具、雑貨・日用品・筆用具・ラッピング雑貨など・・・
幅広く揃っています★★
そのほか、店頭には置いていませんが、机などのスチール製品も取り扱っています!


店頭販売の他にも、学校の文具や会社の事務用品などの卸販売も行っています♪

今の時期、ランドセルが置いてあります♪(小学校時代を思い出しました!)

よく売れている商品がこちらのSTICKYLE(ステッキール)
と呼ばれているハサミ♪♪
ペンのようにコンパクトなので持ち運びに便利です。また、キャップがあるので安全に持ち運びができるとのこと。デザインが豊富で可愛いです!

今の季節に売れているのが、こちらのQuick Shield(クイックシールド)。
ウイルス・菌・カビ・花粉・気になるニオイを強力&スピード除去してくれます♪
首から下げるネックホルダータイプなので、外出時にも安心です★

こちらのマスキングテープも、大人気♪♪

先日、テレビ朝日で「お願い!ランキングGOLD」で文房具の特集がされていました!ご覧になった方もいらっしゃると思います♪(私は見逃してしまいました(;_;))
その番組でランキングに入った商品もニシザワさんに置いてありますよ♪♪


手帳に挟んで、持ち運べるボールペン♪♪

遺言書がポップに書ける(?)遺言書キット♪♪

カードに入ったフィルムフセンのココフセンカード♪

商品の説明になってしまいましたが、
それだけニシザワさんに置いてある商品が豊富です♪

定休日を設けていません♪先代のときから、休まずに
営業されているそうです♪
奥様は、来ていただいた方に楽しい思いをしていただきたいという気持ちを
いつも心掛けてお店に出ているそうです♪
奥様はとっても気軽に接していただき、お客様との距離がとても近いと感じます。.:*:・’
お店は「お客様の要望にはいち早く答えること」
「ないものはない!」
「地域密着」をモットーにしていらっしゃいます。.:*:・’
ご夫婦とても仲が良いです♪綺麗な奥様が接客してくださいますよ★
(埜尻)

☆:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:☆
有限会社 ニシザワ紙文具
〒916-0025
福井県鯖江市旭町1丁目6-10
TEL 0778-51-2430㈹
FAX 0778-52-8943
平 日   AM 9:00~PM8:00
土・日・祝日 AM10:00~PM7:00
☆:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:*:;;:・:;;:☆


鯖江物産協会 ロゴマークが決定!!

先日、鯖江物産協会で募集を行っていたロゴマークの採用作品が決定致しました!
みごと選ばれた作品は、こちら!!(つ`・ω・)つ
鯖江の文字と、魚のサバを合わせた作品です!
お魚のサバをイメージして親しみやすいデザインにしたとのことです。
東京都にお住まいの梶野佐登美さん(主婦)の方の作品です!

今回の応募者数は、88名(内訳は、鯖江市内14名、県内19名、県外55名)、応募作品総数は、169点でした。
沢山のご応募ありがとうございました。

採用理由は、地名に入っている魚のサバをモチーフにしている。サバは古くから日本人の生活に馴染んでおり、親しみのある食材として受け入れられている。当協会もこのような、親しまれるような団体を目指していきます。

このロゴを拝見したとき、
以前商店街のお店をインタビューしたことを思い出しました。
サバは鯖江の特産ではありませんが、
鯖江の「鯖」に因んでお土産を買われるお客様もいらっしゃいました。
2012年11月22日 □■久保田酒店■□参照
(3枚目の写真をご覧ください)
なので鯖江に初めていらした方でも、サバの絵に合わせて鯖江のことを
覚えていただけるのではないでしょうか♪♪

今後は、のぼり旗やパンフレット類、当協会推奨賞品シール、その他当協会が作成する各種資料等へ刷り込みなどをして広く活用します!

 


春!誠市・ご縁市再開!

3月10日、第74回誠市第51回ご縁市が開かれました。

誠市では、廣部先生率いる、東陽中学校吹奏楽部による演奏がありました。
フルートやクラリネット・サックス・金管楽器によるアンサンブルを披露していただきました。中学生のパワーを沢山いただいた演奏会でした!!
東日本大震災から2年が経ちますが、東陽中学校吹奏楽部は、募金活動コンサートなどで復興を呼びかけているとのことです!

さらに、今回のご縁市では、
復興応援プロジェクト
として企画しました!!
東北の味である芋煮汁の振る舞いを行いました!
芋煮汁は、前日に福島から鯖江に避難しているご家族の皆さんと仕込みをしました。
地域住民の皆さんと運営委員の皆さんとが交流も含めてと一緒に賑やかに大量の芋煮汁を作りました。


とても温まり、美味しくいただきました!


また、ご縁市では、芋煮汁の振る舞いのほか東北の物産品を仕入れて物販も行いました。
芋煮汁の大なべの前には、大勢の人が足を止めていただき、芋煮汁に舌鼓を打っていました。「温かいー、おいしいー」とお声を掛けていただきました。
福島などからの物産品もすこしでも復興に協力できればと沢山の方に買っていただきました。
ありがとうございました!

ご縁市に参加してくださった、プラレール2Rプロジェクトの皆さん。
子どもは勿論、大人の方にも好評でした!

誠市では、子どもの広場でボーリングビンゴを企画!楽しそうに遊んでくれました。

境内では、チームエルソルによるダンスの披露。
ノリの良いダンスで、お客さんも一緒に楽しんでいただけました!

今回午前中途中からあいにくの雨で気温も下がり冬への逆戻りの気候でしたが、東陽中学校の皆さんやチームエルソルの皆さんが誠市を盛り上げてくださいました!寒い中ありがとうございました!
足を運んでくださったお客様にも、楽しんでいただけたと思います!

東日本大震災から2年がたちましたが、まだまだ支援が行き届いていないところがあることがニュースでも報じられています。
まだまだ私たちが支援出来ることを考え、続けていくことが大事だと感じました。誠市やご縁市では、昨年に引き続いての復興支援ですが、これからも続けていきたいと思いました。

(埜尻)


つり雛とちりめん遊び展開催中です

つり雛とちりめん遊び展「市民ホールつつじ」と「きものサロンまるよ」
で開催中です。.*・’
きものサロンまるよさんで開催している華ちりめん教室が、今年で9年目を迎えます。
教室の生徒さん達が作ったちりめん細工や、つり雛が2会場で開かれています。

<市民ホールつつじ>

本日FBCラジオのエコーメイトの取材を受けていらっしゃった
きものサロンまるよ ちりめん細工教室の倉橋祥子さん。

<きものサロンまるよ>

期間:本日3月8日(金)~10日(日)
時間:9:00~20:00

市民ホールつつじ 1階ロビー (鯖江市本町2-2-16)
きものサロンまるよ (鯖江市本町2-1-20)

最終日の10日は、ご縁市・誠市も同時開催しておりますので、
是非お立ち寄りくださいね★

(埜尻)

消防ポンプ車の贈呈式 日馬富士関 来鯖

2月28日木曜日、
鯖江・丹生消防組合による消防ポンプ車の贈呈式が
同消防組合消防署で行われました。
送り先は、モンゴルのモンゴリア連邦大学。
その仲介役として、なんと!大相撲の横綱、日馬富士関(同国出身)
が来鯖されました!!

日馬富士関は、現役大相撲力士、第70代横綱(2012年11月場所~)です!
贈呈式で登場した日馬富士関は、オーラがあって素敵でした!!


日馬富士関は、早稲田保育所の子ども達から大歓迎を受けました!

挨拶で日馬富士関は、「モンゴルは、消防車や不足している、
車両が増えれば、たくさんの命が助けられる」、とおっしゃっていました!
花束を受け取った後、子ども達一人ひとりに、握手をしてあげる日馬富士関。

昨秋、日馬富士関は支援者の髙田康次さん(大野市出身、大阪市在住)兄弟を通じて福井市消防局職員と知り合ったそうです。
日馬富士関の活動に感銘した職員が、寄贈出来る車両がないか県内の消防署に問い合わせたところ、2月に新車に更新された鯖江消防第11分団の旧車両がみつかり、この車両を贈ることを決めたそうです。

日本は、なにかあったとき消防車を呼べば必ず駆け付けてくれますが、当たり前と思わず、感謝しなければいけないですね!
同組合では、来年は救急車も贈る予定をしているそうです。モンゴルでも、消防車が日本のように、患者さんに迅速に対応できるように、早く普及されるといいです!
日馬富士関も、これをきっかけにまた鯖江に足を運んでくださるといいですね!
(埜尻)


誠市・ご縁市 3月始まります!

1月・2月は誠市・ご縁市は冬季雪のためお休みさせていただいていましたが、
今年最初の誠市・ご縁市が今月、3月10日(日)に開かれます!
誠市は、3月も骨董品や鯖江の美味しいもの屋台などが盛りだくさん!!
イベントのお知らせです!
11:30~東陽中学校吹奏楽部による演奏
御影堂で行われます★
12:00~Team El-Sol(チームエルソル)による
ラテン系ダンスショーも!!
明るく情熱を感じるダンスをお楽しみください!
仁愛大学生が企画する子どもの広場では、「ボーリングビンゴ」が開かれます★
ボーリングのようにボールを投げ、一列ビンゴを揃えよう!参加料:100円

ご縁市では、
東日本大震災 復興応援2013を開催!昨年に引き続き、今年も鯖江から復興を呼びかけます!
福島県などの特産品の大即売会」や
福島県の伝統の味「芋煮汁」の振る舞いを行います★
この芋煮汁は、福島から鯖江に避難してると皆さんと鯖江の皆さんとが、ご縁市の前日に交流しながら作ります。福島の味を鯖江に伝授!?

3月に入り、ようやく春らしい天気になってきました。
3月10日(日)も、是非、誠市・ご縁市へお越しください★
(埜尻)


鯖江 「すりばちやいと」

今日、鯖江市の天台宗中道院(長泉寺町2)の「すりばちやいと」に行ってきました。

「すりばちやいと」は、「御夢想灸」とも呼ばれており、すり鉢を頭にかぶせて無病息災や家内安全など祈る伝統行事です。毎年2月20日と3月2日の二日間のみの行事です。今回は2月20日に行ってきました。午前10時ごろ伺ったのですが、寒い中でしたが参詣される方も多くいらっしゃいました。

まず、受付で札に名前を記入します。

その後お灸を炊いたすり鉢「護摩炉」(ごまろ)を頭から被り、加持祈祷をしていただきます。


本人が来れない時は、その方の写真を持っていけば、同じようにしていただけます。

【写真は、写真と名前を書いたお札を祈祷してもらっています。】

頭を被っている間、御経を唱えていらっしゃいました。
書いた名前の札は、中道院で預かり、祈祷をしていただき、それらを燃やすそうです。

由来書をいただきました。
平安時代に天台宗中興の祖として有名な元三大師(がんざんたいし)が、護摩を焚いて疫病を鎮めたことが起こりとされ、今現在も受け継がれています。

主に学業祈願・安産祈願・厄除け・交通安全の御守りがありました。
すりばちやいとでの祈祷も、それらに主に効果があるのではないでしょうか。

また、お寺の中では鯖江更生保護女性会の皆さまが主催する
チャリティーバザーが開催されていました。

バザーの品物は、役員の方たちが地元で声をかけ集めたもので、
主に日用雑貨の石鹸などが早くに売れたそうです。
品物が山積みだったのに、ほとんど売り切れてしまったそうです。
品物を売ったお金は、主に会の活動支援などに使われるそうです。


【中の様子】
自分の悪いところに触れると、良くなるそうですよ。

ご本人さんは勿論、写真を持参すれば、家族のことも祈祷出来ます。
3月2日にも行われるので、是非行ってみてください。
(埜尻)

「すりばちやいと」
開催日:2月20日・3月2日 午前7時30分~午後5時
開催場所:中道院 長泉寺町2-7-7
問い合わせ:中道院 51-1870


京都 百万遍さんの手づくり市へ行ってきました

15日(金)、鯖江地区商店街連合会・さばえ夢かたち推進委員会で主催した京都の「百万遍さんの手づくり市」の視察へ行ってきました。

京都市左京区に位置する知恩寺で、毎月15日に行っている手づくり市。
手づくり市は福井や金沢でも近年ではよく見かけるようになりました。その手づくり市の先駆けとなるのは、こちらの京都「百万遍さんの手づくり市」です。
「手づくりのもの」だけを販売しており、出店者数約450店、毎回1万人以上の来場者があります。平日にも関わらず、多くの人でいつも賑わいます。
当日はあいにくの雨でしたが、多くのお客さんで会場が一杯でした。


手づくりのガマ口のお財布です。





手づくりのシフォンケーキも購入しました。
こちらは京都でお店を出され、また通販でも購入できます。
陽だまり工房 http://www.kyoto-hidamari.com/
ご夫婦でお店をされていました。素敵な方でした。
無添加で、ふわふわの生地がとても美味しかったです。

市はすべて手づくりの品で、お店に寄ると、お店の方が気軽に商品説明をしてくださいます。趣味でされている方、お店をやりながら手づくり市にも出店している方など、さまざま。
来場者にも人気ですが、出店希望もとても多いため、毎月出店は、抽選で決められます。なので、毎月違った市が楽しめます。

 

今回お邪魔した手づくり市のHPがあります。
手づくり市.com 
   http://www.tedukuri-ichi.com/
「百万遍さんの手づくり市」   http://www.tedukuriichi.com/hyakumanben/index.html

「梅小路公園の手づくり市」 
※毎月第一土曜日(1月・5月はお休みになります)に開催され、梅小路公園が会場となります。
  http://www.tedukuri-ichi.com/umekoji/index.html

知恩寺 
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000167

http://hyakusan.jp/

 

百万遍 知恩寺 地図

 京都視察で感じたことは、とにかく手づくり市の出店数が多いことです。ずっとお店が連なっていました。また、ベーグルやシフォンケーキなどの食べ物や、お洒落な手づくり雑貨など、若い方から年配の方まで楽しめる市でした。
 集客が期待出来るこのような市を見習い、幅広い年代の方達が楽しめるものが鯖江でもあったらいいな、と感じました。
(埜尻)


鯖江物産協会 ロゴマーク募集

鯖江物産協会では、市内特産品・物産の販路拡大・紹介・宣伝などを行い、鯖江市の商工業の振興を図る、鯖江物産協会のイメージにふさわしいロゴマークを募集します。採用作品は、今後、のぼり旗やパンフレット類、当協会推奨賞品シール、その他当協会が作成する各種資料等へ刷り込みなどをして広く活用します。

募集期間 平成25年2月28日(木)必着
表彰 当協会から表彰状及び副賞10万円を授与
募集要項 当協会のイメージにふさわしい「ロゴマーク」であれば、原則として企画及び形状は問いません。
★配色は3色以内としてください。
★グラデーションの使用は控えて下さい。
★必ず、「鯖江物産協会」の文字(ローマ字でも可)は入れて下さい。
なお、応募作品は応募者自身が作成した未発表のものに限ります。
また、著作権、商標権、その他第三者の権利を侵害しないものに限ります。
この条件に違反したことが判明した場合、採用決定後であっても、取り消します。

応募方法
a.紙媒体で応募の場合
・A4サイズの用紙にロゴマークの図案と作成意図を記載し、ご提出ください。
・送付の際は作品が折り曲がらないようにご注意ください。
b.データで応募の場合
・「ロゴマーク」の図案と作成意図を記載し、JPG・GIF・AI・EPSのいずれかの形式で保存の上、CD-Rにてご提出ください。

応募点数に決まりはありませんが、1作品につき用紙1枚またはCD-R1枚をご使用ください。
応募(制作)者の住所・氏名・年齢・職業・および連絡先を必ず記入し、下記宛に郵送又はご持参ください。

応募先 〒916-8588 福井県鯖江市本町3-2-12
鯖江商工会議所内 鯖江物産協会「ロゴマーク」募集係宛
℡(0778)51-2800

応募に当たり、事前了解を願う注意事項
・採用作品に関する著作権、商標登録を受ける権利、その他知的財産権は
、当協会に帰属します。
・デザイン料などはお支払いしません。
・応募に関わる費用は、応募者の負担とします。
・採用することとした「ロゴマーク」の規格、形状及び配色に関し、作成者の作成意図に反しない限りで、作成者と相談の上、一部修正する場合があります。
・応募作品は返還しません。
・作成者の個人情報は、当「ロゴマーク」募集関係事業以外には、一切使用しません。

皆さまのご応募お待ちしております!!
(埜尻)


★カンパネルラ★さんへ

先日カンパネルラさん(藤田ビル2階)へ伺いました。
こちらは雑貨屋さん兼カフェで、お昼にはランチの営業をされています。


ドアを開けると2階へと続く階段があり、店内へは靴を脱いで入ります。
階段には沢山のアンティーク雑貨が並んでいます(・ω・)


下の写真右側に見えるのがカフェの入口で、手前には雑貨類が並んでいます。
御主人がアンティーク物がお好きだそうで、落ち着いた雰囲気のあるカフェになっています。

早速、席に案内していただきました。

冬には薪ストーブが♪ 見た目も可愛いく、ケトルの乗ったストーブは、体の芯まで温まります♪
薪ストーブなので周りには薪が積んでありますが、それもこの雰囲気をつくる小道具のようです。

天井も広く居心地も抜群です。
基本的にはカフェですが、お昼はランチも提供されているので、今回はお昼の時間にお伺いしました♪
ランチは限定で1日10食なので、予約をして行かれるのがいいですよ♪
そして季節ごとに出しているのでいつも違う味を楽しめます。
そして、今日のランチ(680円)です。
この日のメニューは
★ポークピカタ(豚肉にとき玉子を付けて焼いたもの)果肉のトマトソースがかかっています。
★ポテトコロッケ
★きのことトマトのマリネ
★おかずみそ
★みょうがの甘酢漬け
でした!
ランチで使用されている食器は、アンティークな和食器。
これらは元々はお殿様がいる時代の料理屋で使われていた食器だそうです。
ランチにいらしたお客様にも好評とのことでした。

紅茶も扱っているカンパネルラさん♪
御主人の親戚の方がドイツに20年いらっしゃったこともあり、ドイツの紅茶がいただけます♪注文したのは、ビバルディ(ハス・アプリコット)<400円>でした♪


ココア<400円>

この日はクッキーもサービスしていただきました♪こちらはお店に通ってくださる方からのいただきもの。「お客様から支えられているお店。皆がお店に来て盛りたてて下さっているので、感謝しています」とおっしゃっていました。


【店内の様子。振り子時計は実際に動いていました。】

『お店を始めたきっかけ』
カンパネルラさんは1996年9月にカフェをオープン(*´ I `*)
お店を初めた頃は、場所が隠れ家のようで分かりにくく、最初はまったくお客様がいらっしゃらなかったそうです。
そこで、店内を利用して教室を初めてみてはどうか、という提案をうけ、
トールペイント』『パッチワーク』『カントリードール』の教室を始めました。
最初の1年目は講師をお招きして教室を開いていたそうですが
講習料などのお客様にかかる負担が大きいことが気にかかっていたそうです。
そこで、いつも講習を見ていた奥様が「私にも出来るかも」と思い立ち、
今では奥様が講師となって教えてくださっています。特にトールペイントは十年超の腕前です

【トールペイントの材料。たくさんの種類の絵の具】

トールペイントの教室は、個人的に予約をしていただきます。
【トールペイントとは:ヨーロッパの伝統的装飾技法を土台にして、木、ブリキ、ガラス、陶器、布などあらゆる素材に絵を描くこと】

【奥様が作っている作品が店内に飾ってあります】
絵を描く土台となる木パネルや箱など材料費のみ頂いていますが、講師代や、2回目以降の来店での費用はいただかないそうです。(筆や絵の具などの材料も貸していただけます)
トールペイントは仕上げるのに時間がかかるため、みなさん何度もお店に通って作ってらっしゃいます。
お店では特に教室の案内を発信していませんが、お問い合わせいただければ個別にご案内してくれます。お気軽にお問い合わせください♪とのことでした★
<午後に予約され、トールペイントを始められていたお客様>

年に一度、福井からテディベアの作家さんをお招きして、
テディベアの教室も開かれているそうですよ♪

商店街の店舗も、めっきり少なくなりました。
奥様は、この店が70代の方なども気軽に集える場所にしたい、とおっしゃっていました。
今は【自分が楽しめる・自分が癒される・自分磨き】をされる方が多いので、
そんな人が集えるお店が増えるといいね、と話してくださいました。

この日、お店にはランチの時間ということもあり、女性単身のお客様が数組いらっしゃっていました。
お一人でも気軽に入れる空間です。
常連さんたちは、奥様やお客様同士で話をされており、ゆったりとした雰囲気でした。
なのでお店でお友達も出来ちゃいますよ。まだ足を運んだことがない人は是非入ってみてくださいね!教室もお問い合わせ(0778-52-5515)していただけば、奥様がご案内してくださいます★

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
カンパネルラ
916-0026
鯖江市本町2-2-22 藤田ビル2F
0778-52-5515
営業時間 11時~18時
定休日 木曜日・日曜日
西鯖江から徒歩約6分
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪